挙式スタイル👰、どれを選ぶ?~人前式編~費用や流れなどをわかりやすく解説

Pocket

人前式

人前式は、宗教や形式にとらわれず、参列者に結婚の証人となってもらう挙式スタイルです。

宗教にかかわらないすべての挙式スタイルは「人前式」と呼ばれ、形式がないのでカップルによって種類は様々です。欧米でみられる婚姻届けと提出する際にセレモニーを行うシビルウェディング、船で行うクルーズウェディングなども人前式です。

宗教式は神や仏に対し愛を誓うためゲストに背を向けたまま式が進行します。一方人前式はゲストに対して結婚を誓うので、ゲストの方を向き式が進行するのも魅力です。

ゲストを巻き込む演出ができるので、アットホームで大切な友人との思い出に残る挙式にすることが可能です。

宗教にとらわれないので、両家の宗派が違うカップルにはおすすめです。

赤ちゃんが生まれた後の「ファミリー婚」にも人前式がおすすめ!赤ちゃんを演出に盛り込んだ、オリジナルの挙式に✨

人気急上昇の挙式スタイルで、キリスト式についで2番目に人気です。近年増加傾向にあります。

パンタン
パンタン

人前式(じんぜんしき)

神前式(しんぜんしき)

名前が似てるね~

ブーフ
ブーフ

「人の前」、「人」とはゲストのことなんだね~

どこで行える?

挙式を行う場所にも制限はなく、どこで行ってもOKです。チャペルはもちろん、パーティを行うスペースで挙式も行う「宴内人前式」というスタイルも。移動がないので便利です。

ガーデンやテラス等野外でもOK!思い出の場所で行うこともできます。

衣装は何を着る?

ドレスでも和装でもOK!和の人前式は最近注目されています。和装したいけど神前式よりはアットホームにしたいというカップルにおすすめです♪チャペルで和装することも叶いますよ!

費用はどれくらい?

平均は34.9万結婚トレンド調査2020 報告書 首都圏)牧師や神職の代わりに司会者が進行するので謝礼がいらないということ、聖歌隊などの人件費もかからないのでキリスト式や神前式に比べ、比較的安い費用で行うことができます

場所もチャペルなどを使用しなければさらに安くなります。

人前式の流れ

おおまかな流れは以下の通りです。キリスト式と似ています。

進行は司式者が行います。披露宴の司会者が行ったり、友人に進行をお願いしてもOK

列席者入場 ゲスト全員が結婚の証人となります

新郎新婦入場 誰と入場してもOK。新郎新婦で入場したり、新婦父と入場したり、ブライズメイドと入場するのも自由です。

開会宣言 司式者が行います。ゲストが証人となることを説明します。

誓いの言葉 この言葉もオリジナルにできます。

指輪交換

結婚証明書に署名

結婚宣言 署名した結婚証明書をゲストに見せ、司式者が結婚を宣言します。

結婚の承認 拍手で承認してもらいます

閉会の言葉

退場 フラワーシャワーが定番!

この流れが基本ですが、後は自由に演出を決めることができるのがメリット!

挙式の定番演出や、ちょっと変わった演出も自由に取り入れ、オリジナルの挙式にしましょう🌟演出次第で、感動的な式や笑い溢れる式にすることができます。

KAORI dress
KAORI dress

私が印象的だった人前式は、

ゲストが司会を行っていたことです🌸

珍しさも人前式の良さですね!


人前式の注意点

形式がないので、カジュアル過ぎてしまうと厳粛な雰囲気の式でなくなってしまいます。年配のゲストや親族はよく思わないかも…。人生の大切な儀式という点を忘れず、オリジナリティを出していきましょう。

そしていくら自由だからと言って、演出を盛り込みすぎるとゲストが疲れてしまいます。適度に盛り込みましょう。演出を入れなさすぎてあっさり終わってしまうのも物足りと感じるので、30分程度になるようにしましょう。

ガーデンなどの野外で行う場合、天候に左右されます。悪天候の場合は屋内となるので、その場合も想定する必要があります。

まとめ

宗教にとらわれず自由でゲストと一緒に楽しめるというのが最大のメリットの人前式。お二人らしさを演出で盛り込み、オリジナルの挙式にしましょう✨

人前式ができる式場を探す

マイナビウエディングフェア
Pocket

コメント

  1. […] 人前式の記事で、二人の思い出の場所でも挙式があげられることをご紹介しました。 […]

タイトルとURLをコピーしました